国際情報

人類滅亡――マヤ暦の予言とは異なる「2012年問題」の正体

2010/11/17 17:00

 北朝鮮で後継者に金正恩氏が公式に登場したのに合わせるように、中国でも習近平氏が後継者の地位を固めた。今、アジアが大きく動こうとしている。そして、産経新聞ソウル支局長の黒田勝弘氏は、そこに、「2012年問題」が潜んでいるという。以下は、黒田氏の指摘である。

******************************
 朝鮮半島をめぐっては「2012年問題」というのがある。金正日政権が2012年を「強盛大国の大門を開く年」として目標にしてきたからだ。核開発などそのシンボルだ。

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ