ライフ

15%の節電には2000Wh減が目標 ひと夏で2640円の節約に

2011/06/14 16:00

 政府が企業や家庭に15%の節電を呼びかけている今夏。消費電力量の節電の目安はどれぐらいなのだろうか?

 資源エネルギー庁の調べによれば、昨夏の猛暑日のピークタイムにおける消費電力量は1世帯あたり1万3030Wh(約13kWh)。その15%を節電するためには「ピークタイムに約2000Wh減」を目標にしよう。

 1日2000Whを節電すれば、電気料金も節約できるはず。電気料金は現在、1000Whで22円程度なので、2000Whなら44円。これを30日間続ければ1320円。さらに、7月、8月の真夏の2か月で実行すれば2640円の節約に。これを機に節電を家族の習慣にして、電気のつけっぱなしや使わない食材を冷蔵庫に貯め込むなどの、悪しき習慣とさよならしよう。

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ