国内

“ヒゲの殿下”晩年は「便器で顎打ち喋り方おかしくなった」

2012/06/07 07:00

「ヒゲの殿下」「スポーツの宮様」と親しまれた、三笠宮家の寛仁(ともひと)親王殿下が6日亡くなられた。66歳だった。21年間にわたってがんと闘病し続け16度の手術を受けた他、アルコール依存症で入院するなど、晩年は健康面での苦労も多かった。殿下は自身の闘病生活について、こう語っていた。(週刊ポスト2008年1月18日号より)

 * * *
 8回目の手術(2006年)でただでさえ体力が落ちているところに顎関節を骨折したために、食べる量が著しく限定されて、17kgも体重が落ちてしまいました。

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ