ライフ

地下鉄を舞台にしたリアルなサスペンス『東京ダンジョン』

2013/07/04 07:00

【書籍紹介】『東京ダンジョン』福田和代/PHP研究所/1680円

 地下鉄の保線員・的場哲也がある日、トンネル内で人影を目撃する。やがて、経済研究所所長を名乗り、過激な言動で人気を集める鬼童征夫のセミナーに参加していた若者が、地下鉄に爆弾を仕掛けるテロを実行する──。

 犯人の計画を早い段階で明かし、動機の謎と意外性でサスペンスを盛り上げる手法が秀逸。理論重視の犯人と地に足をつけ職責を果たす的場を対比し、働くことの意義を問いかけた点も読み応えがある。

次のページへ≫
東京ダンジョン
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ