ライフ

老子のタオイズムにも繋がる「おっぱいを好きなだけ吸う」本

2015/01/25 07:00

【書籍紹介】『「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい』加島祥造/集英社新書/700円+税

『チャタレイ夫人の恋人』の作者のイギリスのロレンス、アメリカのノーベル賞作家・フォークナー、そして日本の幸田露伴。彼らは大自然のエナジーを説く老子のタオイズムに繋がる。90歳を超える英文学者が、優しい言葉で語りかける文学論、人生論。

次のページへ≫
「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい (集英社新書)
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ