芸能

熊本出身・高良健吾「舞台に立たない選択はない」

2016/04/26 16:00
故郷熊本への思いを語った高良健吾
画像を拡大する

 映画『蜜のあわれ』の大ヒット御礼舞台挨拶が4月16日、都内で行われ、大杉漣(64才)、高良健吾(28才)、石井岳龍監督が登場した。

 熊本県出身の高良は熊本地震で地元が被害を受けていることについて、「熊本が大変なことになっているからといって、舞台に立たないという選択はない」と発言。「こちらにしかできないこともあるし、あちらにしかできないことがある」として、俳優として今できることを、ただただ精一杯していくことが、自分の役割だと気丈に語った。

次のページへ≫
舞台挨拶に登場した大杉漣 左から石井岳龍監督、大杉漣、高良健吾
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ