ビジネス

大塚家具赤字転落も父の新会社の客入りは予想以上に良好

2016/06/14 16:00
赤字転落のピンチ(大塚久美子社長)
画像を拡大する

 お家騒動に揺れた大塚家具が、またもや難局を迎えている。昨年3月の株主総会では大塚久美子・社長が、創業者の父・勝久氏(元会長)との委任状争奪戦に勝利して経営権を握ることになったが、スタートした新体制が6年ぶりの赤字転落危機に瀕している。

「2016年12月期の業績予想が大幅に下方修正され、最終損益が16億円の赤字となる見通しです。久美子社長は勝久氏がこだわった会員制を廃し、品揃えでも脱高級路線に移行しようとしていますが、顧客がついてきていない。IKEAやニトリのような低価格帯でもなく、カッシーナのような高価格帯でもない今の大塚家具のポジショニングは顧客への訴求が難しい」(経営コンサルタント・山田修氏)

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ