国内

愛子さまも? プリンセスを襲う拒食という「ロイヤル病」

2017/03/10 07:00
“ロイヤル病”とも言われる愛子さま
画像を拡大する

 若くしてイギリス王室に嫁ぎ、1997年に非業の死を遂げたダイアナ元妃(享年36)はかつて、王室のことを“金魚鉢”と表現した。彼女には、大きな海や川を泳ぐ自由はなく、何をするにも“ガラス”を通して好奇の目が向けられた。イギリス王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏が解説する。

「彼女は“いつでも、どこからでも見られている“という緊張感に晒され続けました。公務のたびにものすごい数のカメラのフラッシュがたかれ、翌日には服装や体形、メイクについて細かくコメントされる。中にはかなり批判的な言葉も並びました。それによって彼女は“ロイヤルはいつでも美しくなくてはいけない”というプレッシャーを強く感じるようになったのです」

≪前のページへ 次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ