スポーツ

角居勝彦調教師 「厩舎で馬を選ぶ」が間違っていない理由

2017/03/19 07:00
厩舎と馬の状態について角居勝彦調教師が解説
画像を拡大する

 そろそろ桜花賞・皐月賞出走の顔ぶれが揃いつつある。目立つのはやはりリーディング上位常連の有力厩舎管理馬だ。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、厩舎と馬の状態について解説する。

 * * *
 馬券検討では、ファンのみなさんは馬の状態を凝視しますね。鞍上のジョッキーが「乗れているかどうか」も大きな材料でしょう。

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ