ライフ

学生バイトの罠を避けるには 塾講師、深夜の居酒屋も要注意

2017/03/19 16:00
笑顔で働くために(写真:アフロ)
画像を拡大する

 この春からお子さんを大学に通わせる読者も多いだろう。親としての肩の荷がおりたようで、ほっとしている人も多いに違いない。だが4月からの子どもの大学生活で親として気をつけなければならないのが、「ブラックバイトの罠」である。親として子どもがブラックバイトにはまらないようどう気をつければ良いのか、専門家に聞いた。(取材・文=フリーライター・神田憲行)

 * * *
「ブラックバイト」とは「ブラック企業」のアルバイト版である。親世代からすると今は考えられないような、働くアルバイトを「食い物」にする会社が存在する。その方法もずる賢く、昨日まで高校生だったような大学生ひとりで対応することは難しい。親として、子どもがブラックバイトの罠にはまらないにはどうすればいいか。「大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A」(以下「Q&A」と略、旬報社)の共著者のひとりで、法政大学キャリアデザイン学部教授の上西充子氏に聞いた。

次のページへ≫
大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ