国内

「地下鉄サリン事件」当日のビートたけし 元日テレCPが述懐

2017/03/20 07:00
スタッフへの心配りを欠かさない イラスト/佐野文二郎
画像を拡大する

 22年前(1995年)の3月20日、午前8時頃に発生した「地下鉄サリン事件」。オウム真理教がサリンを使用して起こしたこのバイオテロは、多数の被害者を出し、日本中を未曾有のパニックに陥れた。その大混乱は平穏な日常に様々な影響を与えた。この日、収録を予定していた『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)のスタジオも例外ではなかったようだ。

 同番組を立ち上げた日本テレビ元チーフプロデューサーの吉川圭三氏(現ドワンゴ会長室・エグゼクティブプロデューサー)は、著書『たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場』(小学館新書)の中で、その日の出来事をこう振り返っている。

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ