国際情報

中国国防部 北朝鮮への軍事的侵攻の可能性を否定せず

2017/04/19 07:00
中国は金正男暗殺に激怒 AP/AFLO
画像を拡大する

 金正男氏のマレーシアでの暗殺を契機に、中朝関係は「帰らざる橋」を渡ってしまったようだ。中国は北朝鮮産石炭の輸入禁止に踏み切り、北朝鮮は「中国との破局」に向け朝鮮人民軍の準備も始めた。北朝鮮崩壊が現実味を増しつつある中、中国はどのような計画を練っているのか。ジャーナリストの相馬勝氏がレポートする。

 * * *
 米CNNテレビによると、トランプ大統領は2月下旬、中国政府における外交問題担当トップの楊潔チ国務委員と会談し、北朝鮮の脅威に触れ、「北朝鮮指導者の金正恩は気が狂ったのか、賢いのか、それとも戦略的なのか」と語り、「あなたたちが北朝鮮問題の解決に向けて努力すべきだ」と中国が北朝鮮に圧力をかけるべきだと強調。そのうえで、トランプ大統領は北朝鮮の核兵器の脅威に対抗するため、「あらゆる必要な措置をとる用意がある」として対北武力行使や政権転覆の可能性にも言及したという。

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ