国内

田母神俊雄氏「決断すれば日本の核保有までの時間は1年間」

2017/09/13 07:00
高額な迎撃システムはコスパが悪いとの指摘も
画像を拡大する

 北朝鮮による核の脅威が増す中、これまで日本では“タブー視”されてきた議論が米国で噴出している。「日本核武装論」である。米政策研究機関『ブルッキングス研究所』の研究員が、さまざまなメディアで「北朝鮮が核放棄する見通しがない今、日韓の核武装を容認すべき」と主張するなど、あちこちから「日本の核武装論」が出てきているのだ。

 では、そもそも日本はあくまで製造能力だけで考えた場合、核兵器を持つことはできるのか。

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ