フィーチャーフォン向けモバイルサイト終了のお知らせ
国際情報

中国で肥満児童が急増 2030年には5000万人予測も

2017/10/07 07:00
肥満が中国の社会的リスクに
画像を拡大する

 北京大学などがまとめた最新の報告によると、2030年に中国の小学生以上の児童の4分の1が肥満または太りすぎになり、その数は5000万人にも達することが明らかになった。1985年の肥満児童数は615万人だったので、2030年にはその8倍以上に急増していることになる。この結果、児童が成人した際に、慢性化した生活習慣病を抱え、中国自体が「病気大国」になる可能性が強いという。ニュースサイト「中国ネット」が報じた。

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ