フィーチャーフォン向けモバイルサイト終了のお知らせ
国際情報

男尊女卑が根強い中国 妊婦が無謀な産み分けに走る悲劇も

2017/10/07 16:00
地下のマーケットがいまも厳然と存在か
画像を拡大する

 先進国において「男女同権」は常識となりつつあるが、中国ではまだまだそうはいかない。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 中国社会における子供の男尊女卑は、「一人っ子政策」が実質的に崩れ去った現在もまだ健在だとされる。

 先日も、出産前に性別を知りたいと願う親たちの要望を受けて、大量の妊婦の血液検査用のサンプルを隠し持って香港へと渡ろうとしていた業者が、水際で摘発されるという事件が発覚し国内でも大きなニュースとして取り上げられた。子供の誘拐に絡み売買される嬰児の値段も男女では5倍ほど値段に差がつくともいわれている。

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ