ライフ

福岡政行氏 がん闘病中に見舞いに来た教え子・中畑清の配慮

2017/10/12 16:00
「孫のためにも死ねない」という気持ちが強かったという
画像を拡大する

 選挙報道に「選挙予測」という手法を確立した政治学者・福岡政行氏(72)は、2007年8月に大腸がんの宣告を受けた。

「宣告の半年前から便に血が混じっていましたが、“痔かな”と、気にも留めていなかった。心配した妻の勧めで精密検査を受けたら、医師に『大腸がんです。切ります』と告げられ、開腹手術になりました」

 大腸がんで命を落とす人は年間5万人にのぼる。だが福岡氏はショックを受けなかったという。

次のページへ≫
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ