フィーチャーフォン向けモバイルサイト終了のお知らせ
国内

両陛下も愛読、1000年前の国宝医学書現代語訳が話題

2017/10/23 16:00
日本最古の医学書『医心方』の概要書が話題
画像を拡大する

 日本には有形文化財のうち、国宝に指定されているものが約1000件ある。そのなかで、日本に現存する最古の医学書とされているのが『医心方』だ。この6月に、概要書ともいえる「『医心方』事始」(藤原書店刊)が発売され、にわかに注目が集まっている。

 平安時代の宮中医官・丹波康頼が編纂し、984年に時の朝廷に献上したもの。内容は、中国を中心としたアジア各国の200以上の医学や養生、鍼灸、陰陽道、占相、哲学などの文献からエッセンスを抜き出してまとめたものだ。

次のページへ≫
『医心方』事始 〔日本最古の医学全書〕
関連記事
トピックス
カテゴリ別記事一覧

国内ビジネス芸能スポーツライフ国際情報コラム特集アーカイブグラビア

0 TOPページ